妊娠は肉芽腫とともに…

今回はちょっとグロい話なので苦手な方はスルーしていただきたい。 肉芽腫とは… 肉芽組織からなる炎症性の腫瘍・腫瘤(しゅりゅう)。(weblio辞書より) これでもわかりにくいので、簡単に説明しよう。 火傷したときに水ぶくれができるが、その水ぶくれの中身が水ではなく、自分の肉になるという感じ。 血豆とはちょっと違う。 肉がもりあがる?腫れる?というか。なんというか。 熱をもっ…

続きを読む

東京⇔青森夜行バス 激レア体験談 その3

東京⇔青森夜行バス 激レア体験談 その1 東京⇔青森夜行バス 激レア体験談 その2 なんだそりゃ!というわけではないけれど、教訓として刻まれた話。 いつも通り青森までのバス車内でうとうとしていた。 岩手県の盛岡駅を過ぎ、弘前駅で降車中のときだった。(その次が終点青森駅。) ふと、高校生くらいの男の子が運転席の方へ歩いていき、何か話しているのが聞こえてきた。 何かな?と思い…

続きを読む

東京⇔青森夜行バス 激レア体験談 その2

東京⇔青森夜行バス 激レア体験談 その1 東京⇔青森夜行バス 激レア体験談 その3 実家には、青森に恋人がいるということは知らせてあった。 私たちが旅好きなのも知っていて、その頃年2回(お盆と年末年始)の長期休暇の半分ほどを恋人と過ごすようになっていた。 長期休み前には「今度のお休みはどこに行くの?」なんて聞かれるくらいだ。 その年のお盆は5日間くらい青森で過ごそうと、お盆期間…

続きを読む

東京⇔青森夜行バス 激レア体験談 その1

東京⇔青森夜行バス 激レア体験談 その2 東京⇔青森夜行バス 激レア体験談 その3 東京で働いていて青森に恋人がいたときの話。 遠距離恋愛だったので、どちらかが行ったり来たりしなければ会えなかった。 恋人は青森で一人暮らし。 私は東京で実家暮らし。 実家暮らしをしているとそれほど出費もないので(ちゃんと家にお金は入れていたよ)金銭的に余裕があった私が2週間に1度、夜行バスを使…

続きを読む

魚をきれいに食べる子、というレッテル。

昔、私が小学校高学年くらいの話。 祖母の家に遊びに行ったときに夕食にカレイの姿揚げ野菜あんかけが食卓に上がった。 当時祖母の家は2人暮らし。 5人家族で遊びに行くと7人分の夕食を準備しなければいけないのに、よくぞそれほど凝った料理を用意してくれたものだと感心する。 私は特段魚が好きでも嫌いでもない普通の子どもだった。 多分祖母の作ってくれたその料理が美味しかったのもあるけど、た…

続きを読む

激甘フレンチトーストはお好き?

私が小学生の頃の話。 家が近くて仲の良かった友達の家に泊まりで遊びに行く約束をしていた。 その子の家は直線距離で100mくらい。 私はマンションの中ほどに住んでいて、彼女は商店街の中にある3階建ての一軒家に住んでいた。 彼女の家の3階バルコニーと私の家のベランダが向き合っていて、夜、あたりが暗くなってから固定電話で通話をしながら懐中電灯でモールス信号ごっこをする仲だった。 (モ…

続きを読む

これはもしや虫の知らせ?

虫の知らせとは… なんとなく良くないことが起こりそうな気がすること。予感がすること。 (コトバンクより) 2011年3月19日に宮城県三陸のある宿に泊まろうと予約を入れていた。 そこは白い砂浜と美しい海岸が目の前に広がる海の近くの宿。 夕飯はふかひれ姿煮やウニと帆立の釜飯など地元三陸の海でとれた海の幸を使用した和食膳。 貸切風呂は無料、朝は海辺のパン屋さんで焼きたてのパンが食べら…

続きを読む