料理に目覚めた夫

さて、かなり更新に間が空いてしまった。
理由は仕事が重なり余裕が全くないためだ。
休日の約半分と一時保育を最大限利用して仕事をしてもまだ足りない。
ブログを更新したいと思っても、優先すべき他のことがなくならず後回しになっている状態。
恐らく今後もこのような状況は続くことが予想される。

そんな私を見かねてか、夫が急に週末料理をするようになった。
めちゃめちゃありがたい変化だ。

朝、「今日の夜はなに食べたい?」と聞いてくれるので、「肉!」「魚!」「煮込み!」などとリクエストを出すとYouTubeでおいしそうな料理を検索。
日中に子どもたちを連れて買い出しに行き、午後から料理スタート。(15時頃から 笑)
足りない食材があるとわざわざそれだけを買いに行ったり、YouTubeを流しながらなので時間がかかったり、具材の切り方もワイルド(笑)なので子どもたちが食べにくそうにしていたりするが、これが結構おいしいのだ。
レシピ通りに作れば誰でもおいしくできるはずなのだから当たり前と言えば当たり前だが。

そしてさらにありがたいことに、週末の午後に作り置きをしてくれ、週の前半までは常備菜が冷蔵庫に入っている状態なのだ!!
恐るべき変化。
前までの夫は「言えばやってくれるけど言わないと何もやらない人」だったので、この変化には驚いている。

スポンサーリンク





夫が作る料理は総じてしっかりめの味付けなのでとてもおいしく感じる。
(私はたいてい薄めの味付け。レシピを見ながら料理を作っても、しょうゆや砂糖を半分にしたりと、自分流のアレンジをしがち)
子どもたちもよく食べる。
自分ではつくる手間と時間と余力が常にない料理ばかりなので「おいしいね」「また作ってね」「ありがとう」という言葉が自然とでる。
材料も私はいつも同じものばかり選びがちだが、夫が色々な食材を使う料理に挑戦してくれるので、毎週末が楽しみになっている。
ほめると夫もやる気が出るようなので、今後も末永くお願いしたいものだ。

メインの凝った料理の片手間でレンチン時短レシピを作ることも増えたため、レンチンが可能な大きめ保存容器を大量買いした。
そしてついでにシャトルシェフも衝動買いしてしまった。
シャトルシェフは鍋+保温容器で、一度沸騰させた鍋をいれておくと高温をキープしてくれるのでガス代が浮く。
作った料理を保温容器に入れておけば、しばらくは温め直ししなくても温かいものが食べられるというものだ。
私の実家にもあり、母がカレーや汁物をつくるときによく使っていたのをみていた。
その便利さは知っていたので、以前から私の家にもほしいと思っていたので今回ちょうど良い機会だった。
シャトルシェフがあればカレーや煮物、汁物なども長時間火を使わなくて済む。
火の消し忘れもないし、子どもたちが火に触る心配も少なくなるのでありがたい。
ついでに、これから冬を迎える今になって電気ポットが壊れたので、お湯を沸かして保温しておき、温かい飲み物を飲むのに使おうかとも思っている(笑)

-----
今回の教訓
・レシピの分量は勝手に増減しない方が失敗がない。(とくにお菓子)