子どももガッつく「生」レシピ4選【仕込み3分!】

以前公開した記事「魚をきれいに食べる子、というレッテル。」でも書いたが、私は魚が大好きだ。
焼き魚も好きだが、とりわけ刺身に目がない。
美味しくて栄養も豊富、さらにヘルシーだなんて最高の食材ではないか!
本当は毎日でも食べたいが、週1回パルシステムの食材宅配を利用しているので、スーパーでの買い物は週末にまとめて1~2回。
子ども2人を連れて刺身だけを買いに出かける情熱は私にはないので、残念ながら刺身を食べる機会は少ないのだ。

そんな私が今ハマっている「生」レシピを4つご紹介しよう。
どれも仕込みは3分以内で済む。(がんばれば)



■夜におすすめ:サーモン塩昆布漬け(ジョーさん。料理研究家考案)


材料
・サーモンの刺身 150グラム
・塩昆布 20グラム位

作り方
①サーモンの刺身をジップロックにいれて塩昆布をまぶす。
②約20分漬ける。冷蔵庫で1日置いても良いそう。

以上!

完全に酒の肴的おつまみながら、子どもたちも大好きで熾烈な奪い合いに発展する一品。
我が家ではこの分量だと子どもにはしょっぱいので塩昆布を少し減らしている。
塩昆布がサーモンの水分を吸収、いい感じで濃厚な昆布じめみたいになる。
もうほんと、これ大好きすぎて毎週でも食べたい。
許されるなら150グラム全部を独り占めしたい。
子どもが寝静まった後の晩酌にも◎



スポンサーリンク





■昼におすすめ:まぐろ納豆丼


材料
・ごはん
・納豆 半分~1パック
・「パルシステム まぐろたたきボリュームパック」40~70グラム位
・しょうゆ 適量
・のり、しらす、ごま、しその葉、小ねぎ、とろろ、キムチ、温泉卵などのトッピング 適量
・ラー油 適量(大人だけ)

作り方
①ごはんをどんぶりに盛る。
②味付けした納豆とまぐろをごはんの上にのせる。
③まぐろに醤油をまわしかけ、お好みでラー油やトッピングを。

以上!

子どもとのランチに超おすすめ。
「パルシステム まぐろたたきボリュームパック 400g」は生のまぐろたたきが冷凍されており、0.5~1センチ角ぐらいのフレーク状になっている。
袋にジップがついているので好きな分だけ出し、余ったらそのまま冷凍庫で保存できる。便利!
1袋1000円ほどするが、私的にはコスパが非常に良い。
私はパック1袋で、このメニューを2人の子どもたちと週2~3回はランチで食べる。
ごはんと納豆が冷蔵庫にあれば3分でランチが用意できる。(がんばれば)
子どもに不足しがちなたんぱく質をとれる上、子どもたちも喜んで食べるので非常に重宝している。
パルシステム利用している方はぜひ一度お試しあれ。



■朝におすすめ:たまごごはん(魚関係なし!)


材料
・ごはん
・生たまご 1個
・しょうゆ 適量

作り方…省略!

言わずと知れたTKG。
週末の買い出しで卵を買うので、我が家では月曜の朝に食べることが多い。
卵・ごはん・しょうゆを食卓に準備し、2~3種類の野菜を入れたみそ汁を用意すればほぼ完璧なバランスの朝食が完成する。
あとは各自で勝手に食べるスタイルなのでわりと楽。(2才は殻を割ってあげる)
朝、食の進みが遅い子どもたちも比較的パクパク食べる。
私はごま油を少しかけるのが好き。



■常におすすめ:野菜のピクルス(魚関係なし!)


材料
・きゅうり、にんじん、大根、プチトマト、パプリカ、セロリ、みょうがなどの生野菜 適量
・カンタン酢 浸るくらい

作り方
①野菜をスティック状に切る。
②大き目の瓶などの保存容器に野菜を詰め込み、カンタン酢を野菜が浸るくらい入れる。
③冷蔵庫で半日ほど漬け込む。

以上!

結構な量を一度に消費するので、私はカンタン酢の大容量1.8Lを定期的に買っている。


一度作っておけば「あともう一品」と言う時に出せる。彩りも良い。
週末に生野菜を買って漬けておけば数日は食べられる。
我が家の場合、カンタン酢だけだと味が濃すぎるので少し水を足している。
子どもたちはきゅうりと大根が好き。


-----
今回の教訓
・昔はなかった便利な調味料や素晴らしいアイデアが現代にはあふれているので、うまく使わないと損。