独学のススメ

独学なら書籍よりオンライン講座(動画)が効率的だ。

独学と言えば、これまでの私は参考書を買って本とパソコンを見比べながら学習をすることが多かった。
本を見る⇒パソコン画面でアウトプット⇒本を見て答え合わせ、という作業の繰り返し。
アウトプットがメインの学習の場合、すさまじく効率が悪い。

前々回の記事で公言した起業に向けての勉強法だが、今回もやはり最初は迷走した。
アマゾンで良さげな本を試し読みしまくり、数冊注文。
書籍が届いたら数ページこなしてみるも躓きポイントがあるとなかなか進まなくてイライラする。
次の本にも手を出してみる。
結果、どれも中途半端になる。
1冊1000~2000円程度のため手を出し易いが、挫折も容易い。

例えるならば。
マラソンを趣味としてはじめるとして、まずはノウハウ本やスポーツウェア、シューズを買い漁る。
あれもこれも、買って満足!のような感じ。
そう、私はまごうことなき「形から入るタイプ」なのだ!

スポンサーリンク




…とはいえ、今回は受けるべき案件が待ち構えているのであまり時間がない。
そんな私に何が一番最適かを考え、「フリーランス」「独学」「講座」「オンライン」などのキーワードでネットを検索しまくった。
色々なサービスがあったが、私が選んだのは以下のような講座だ。

・この講座を受ければ一般的な方法よりも効率の良いやり方で一通りこなせるようになり、即仕事を受注できるようになります。(他フリーランスとも連携が取りやすい仕様)
・20年近くフリーランスとして業界最前線で活躍してきた講師が、フリーランスとして活動を始める時の注意点やポイントを動画で公開します。
・講師がLINEでいつでも質問受けつけます。
・ビジネスで利用可能なテンプレートを配付します。

このような内容で約7万円。
自分への先行投資と思ってお金を使った。
「ゆのうえ、もしかしてヤバイのにひっかかっちゃったんじゃないの」とか思われそうだが、講座の内容に私は大満足している。

その理由は2つ。
まず理由1つ目は学習が一つのモニター内で完結するのが良い。
講座の動画と練習用画面のウィンドウを横に並べ、情報は目と耳でインプット⇒ほぼ同時にアウトプットできる。
再生速度も自由に変更でき、自分のペースで学習が可能。
そして、アウトプットの必要ない講座は、家事をしながらスマホ+コードレスイヤホンで聞き流す。←これができるのが地味にありがたい。

理由2つ目、特に良かったのは、講師にいつでも質問できる環境ができたことだ。
前々回の記事で仲間を作る、サポートしてくれる人がいるとより効率的というような話をしたが、まさにその通り。

例えるならば。
今までは真っ暗な中を懐中電灯一つで手探りで歩いていたようなもの。
講座を受講してからは、街灯を設置してもらい、伴走してもらいながら「最短距離はこっちだよ!」とゴールを示してもらえているようなもの。
精神的な安定感が半端ない。
お金を出してでも気軽に質問できる環境を確保することをおススメする。(逆にお金を出さないと、遠慮してしまったり、プライドが邪魔をしたりしてズバズバ聞けない場合もありそう)

目下学習中ではあるが、講座をある程度終えた今、フリーランスとして働くということの全体像が見えたので少しだけ自信がついてきた。
そして、独学をスタートした時に買って「積読」になりかけていた参考書たちも少しずつ理解できるようにもなってきた。
この講座だけではカバーできない部分は、別のオンライン講座で学習中だ。

2020年が明けて数ヶ月の間に、新型コロナ流行&起業準備と、私を取り巻く環境が急変しすぎてちょっと怖いが、時代の流れに身を任せて変化していくのも悪くない。

-----
今回の教訓と気づき
・私のような「形から入るタイプ」が独学するなら、メンター、師匠、アドバイザーといった、気軽に頼れる人を作れるかどうかが成長のカギ。
・お金を得ようとするなら、ある程度の自己投資は必要不可欠。
・フリーランスを目指す人たちのTwitterはポジティブ発言が多すぎて逆に気が滅入ることも。